二重まぶたになる為のマッサージ

まずはじめに、二重まぶたになりやすい人と、二重まぶたになりにくい人がいている。 この違いは、アイプチなどの二重まぶたを作るアイテムを使ったときに、すぐに二重まぶたになる人と、すぐに元に戻ってしまう人がいるように、原因はまぶたの志脂肪が原因であることが多いと思える。基本的に、一重まぶたの人は、二重まぶたの人よりもまぶたに脂肪が多くついているからです。

なので、脂肪でパンパンになったまぶたの人が、マッサージをして、二重まぶたになる努力をしても無意味です。 中には、二重まぶたの化粧品などを使っていたら偶然二重まぶたになった人もいるが、二重まぶたになるためにはきちんと理由を理解して対策していくべきです。

二重まぶたになる対策

①まぶたにくびれをつける

一重まぶたの人と、二重まぶたの人とでは、まぶたにくびれがあるかないかの違いです。
二重まぶたになるには、まぶたにくびれをつけないといけないです。
まぶたにくびれができる原因は、まぶたを支えている皮膚と、まばたきをするときにつかわれる瞼版という組織からなります。
この二つはくっついているので、目を開けた時に自然と皮膚も一緒に引っ張られ、まぶたにくびれができて、二重まぶたになります。
一重まぶたの人は、自力で自然な二重まぶたになるには、癖をつけていきます。
100円ショップなどで販売している、二重まぶたになる癖づけのアイテムを使用したり、マッサージをすることをお勧めします。

②二重まぶたになるためのマッサージ

本気で二重まぶたになりたいのであれば、朝起きてから寝るまで、寝ている時までも二重まぶたになる努力が必要です。
目的は、一重まぶたを二重まぶたと同じ構造にしてやると良いのです。
マッサージをするまえに注意しないといけないのは、もともとまぶたはむくみやすいので、むくみ予防が必要です。
体を温め老廃物を体内から排出し、軽い運動をしたりするのも良いです。
食事も、塩分が多い食事や、顔がむくみやすい食材を食べないようにする必要もあります。
特に、ポテトチップスなどのジャンクフードや、ラーメン、牛丼など手軽に済ませれる食事には塩分が多く含まれているので注意が必要です。
また、カフェイン、アルコール類も取りすぎるのはよくないです。

マッサージの方法は、まず、両目を大きく見開いて5秒から10秒キープする。このときに眉毛を動かさないようにすることがポイントになります。
そして、両目を強く閉じて5秒から10秒キープする。このときも眉毛を動かさないように注意する。
これらを、お風呂の中や、お風呂上がりで筋肉が緩くなっている時に、だいたい、3セットから5セット毎日3か月ほど欠かさず続ける。
すると、日に日に二重まぶたのくせがついてくるようになります。
そのほかにも、こめかみを両手で後ろに引っ張りながら、両目を見開いたり、眉毛を両手の親指を使い上に持ち上げる方法、お風呂の中ならば、シャワーをまぶたにあてる方法もあります。
自分にあったマッサージを色々と試してみるのもお勧めします。

③なによりも継続は力なり

二重まぶたには憧れるが、毎日のマッサージを続けれない人もたくさんいられると思います。
でも、今までとは違う自分に生まれ変わるには、やはり、それなりの努力、忍耐が必要になります。
あきらめず毎日、二重まぶたになりたいと思って、マッサージをし続けた人にはそれ相応の結果につながりますので、継続は力なり、で頑張りましょう。
イメージをすれば憧れの自分に近づいていきます。

以上のことが、二重まぶたに自力で自然になれる方法です。
あきらめずに頑張って理想の二重まぶたを手に入れましょう。