一重で悩んでいるなら埋没法を検討してみてください

わたしは栃木県宇都宮の竹内クリニックで二重の埋没法を行いました。

右目だけ一重で、ガチャ目なのが悩みでした。そこでこのクリニックにカウンセリングにいったところ、幅広二重を希望しているわけでもなく、瞼もそれほどあついわけではないため埋没法で十分だと言われました。またここのクリニックの埋没法はとれずらい、という説明を受けました。

最初は二重切開を検討していましたが、先生からの説明、インターネットの口コミなどでこのクリニックの埋没法の評価が高かったこと、HP限定割引を使うと50パーセントオフの値段でできることから、ここで埋没法をお願いすることになりました。正規の値段は16万ですが、片目だけかつ半額ということで5万円ですみました。

当日クリニックにいくと、まずはメイクオフ・洗顔をしました。施術室にはいると、まずは二重のデザインです。鏡を見ながら、これでどうかと先生が何度もデザインを確認してくれました。デザインが決まると次は、点眼の麻酔、そして注射の麻酔を行いました。目ということもあり恐怖心はありましたが、麻酔もそれほど痛くなく、あっという間に終わりました。そのあとに糸でまぶたを縫う埋没が始まります。瞼を強く引っ張られたり押されたりはしますが、麻酔のおかげで痛み自体はありません。手術中も先生から「目を開いてこっちをみて」など何度か指示され、その時に線のデザインなどを見ているのだと思います。片目だけだったので手術自体は15分程で終了しました。

終わったあとは鏡で最終確認をします。そして看護師さんから薬や点眼薬、腫れやダウンタイムのことを説明してもらいました。説明がきき終わったら、その後帰宅となります。

埋没法をするとコンタクトが4日間ほど出来なくなるので、眼鏡やメガネの上からつけられるサングラスがあるとよいと思います。私は片目だけだったので、手術していない片目にコンタクトをして、もう片目はクリニックからもらった眼帯をして帰りました。首から下なら当日からシャワーも可能でした。目の回りはまだ濡らしてはいけないので、濡れタオルなどで顔はふきました。翌日から洗顔、洗髪が大丈夫になるので、その点のストレスは他の整形手術と比べると少なかったです。

また化粧も施術部分を避ければ可能だったので、片目を眼帯で隠し、他の部分をメイクして翌日から外出することができました。アイシャドーなどは5日目から許可されましたが、瞼がまだ強く腫れていて、化粧をしてもおかしくなってしまうので、結局片目はノーメイクで過ごしました。痛み止めももらいましたが、特にひどい痛みはなく、飲むことはありませんでした。痛むのは洗顔時、うっかり瞼に触ってしまったときなどぐらいでした。普通にしている分には、痛みはありません。ただ腫れているため、突っ張り感はありました。

瞼の腫れが完璧になくなるには2週間ほどかかりました。ただ私は、あまり気にしない性格だったので1週間程で眼帯なしで大学にいっていました。自分で思ってる以上に周りからは気づかれなかったので、1週間たってしまえばメイクや髪の毛で隠せる腫れだとおもいます。

最後に施術した満足度としては、とても満足です。片目だけ一重で写真とってもガチャ目が気になる…、毎日アイプチをするのが面倒、片目だけメイクしづらい等の悩みが5万で解消できたので、満足です。二重のラインも自然な感じで、馴染んでいて気に入っています。よく言われていますが、二重の幅を欲張りすぎると瞼の厚みが強調されて、むしろ目がやぼったく見える場合もあるので、自分にあう二重のラインでやってもらうことが大切かなと思います。

ダウンタイム中に強く擦ったりすると、糸がとれてしまう場合があると言われたので、そこだけ気をつけるべきだと思います。二重で悩んでいたらとりあえず埋没を試してみるのはよい選択だと思います。