全く腫れなかった私の二重埋没クリニックの選び方

埋没の整形をしました。
10年以上二重形成グッズを使って、5年整形するか悩み
1ヶ月カウンセリングを15院巡り
やっとやっと決心したはずですが
当日いざ手術台をみると、怖いという気持ちにかられ
辞めたいという気持ちでいっぱいでした。
ですが、やめるわけにも行かず
そのまま手術台に乗りました……

まずは、点眼麻酔。
黄色の目薬のようなものを目に入れます。
めちゃくちゃしみる!!!
しみてしみて、目が開けられないと思っていた矢先に
麻酔!(笑)
めちゃくちゃ痛かったですが
暴れる私を冷静に顔面だけ抑え、
表に3箇所・裏に3箇所麻酔を機械的に売っていく先生
この麻酔が終わるとすぐに感覚はなくなり
次はフックのような針で、瞼をボコっと穴をあけられる音・感覚。もちろん痛くはないのですが
感じました。
その中から糸を通し、なにやら複雑に軟骨の組織と絡ませ
めちゃくちゃ力強く引っ張り結ぶ!!!

これがまた痛かったです(笑)
先生は、リラックスさせるために世間話をしてくださるのですが
怖くて怖くて。

手術中は多分一生白目むいてました(笑)
ライトが眩しすぎて見えないんです……

今学生だっけ?とかそういう、世間話をしてくださるのですが
頭に入ってこず、あーいたい?(痛くない)みたいなこと
ばかり(笑)(笑)

同伴してもらった家族に聞けば30分ほどだったそうですが
6時間くらいに長く感じました

半年以上経った今でも鮮明に覚えております(笑)

そういった違和感を乗り越え
できたよ?の声で起き上がり鏡を見ると
なんと!内出血も何も無い二重になってました。。

術中怖すぎて失明したんじゃないかとまで
大げさにも思っていた私は、仕上がりを見て
号泣……(笑)
埋没くらいでそんなに喜んでくれるなら、と先生も嬉しそうでした(笑)

私は皮膚が薄いのですが
蒙古襞があり、二重形成グッズでは
狭目の並行二重を作っていました。
カウンセリングで安いクリニックにいくと
普段作っている形は聞く耳持たずて
蒙古襞があるから末広。と言われました。

納得いくまで何院も回られた方がいいと思います。
カウンセリングはほぼタダですし
安いところから、ホントは手が出ない高いところまで
行く方が得じゃないですか?(笑)
私はそうした結果高いクリニックでやりましたが……(笑)

先生との相性も大事ですね
やはりあちらも人間ですし
きちんとイメージの共有ができてからでないと
失敗してしまう恐れがあります。
私はその点も片方いつも作ってる二重にして
見せましたね。
あとは、皮膚が薄い故にくぼみやすい目なので
そのアフターケアも聞きました。
目が凹むタイプの人は窪みにヒアルロン酸をいれるしか
ないみたいです。。
またそれは何年後かの話ですし
どこまでくぼむかわからないので
私は今は考えないようにしています。

カウンセリングに行って知ったのですが、一重と二重の違いは
皮膚の厚さや蒙古襞ではなく
目を開ける筋肉と軟骨の癒着やまぶたを引き上げる力の問題なのですね。
ですから、私は皮膚が薄くアイプチで型はつきましたが
食い込まない型でした。
そういう方はモチは良いので安心してください。

最後に保証期間ですが
10年と1年のクリニックで迷ってました
ただ、埋没は人間3回程度しか受けられないそうです。
そう考えると、そんなに保証期間も重視しなくてもいいのかなと
思いましたね。

ダウンタイムは1ヶ月まるまるとりました
学生などで可能な方は長いほどいいと思います

その間はマツイクをするのをおすすめします。(笑)
医療用のまつげ美容液は1ヶ月でかなり伸びるので
綺麗な目で1ヶ月後、二重デビューできますよ

した準備をばっちり、調べつくして
納得されたクリニックでやれば
もしもがあっても、焦らず対処であるはずです!