二重の両親だとしても一重の子供は生まれます。

基本的に二重になるか一重になるか奥肌になるかは遺伝となります。ただ、成長して行くうちに若干の変化はできます。そのため、小さい頃は一重だったけど年とともに目の姉の脂肪分がやさて窪み、より彫りの深い二重が事前とできたりすることもあります。また、その逆も然りです。二重で生まれてきたけど、年とともに皮膚のハリがなくなりたるんできて一重っぽくなってくる方もいらっしゃいます。

それでは二重に関する遺伝について述べていきます。

二重の遺伝子は優勢、一重の遺伝子は劣勢となります。優勢の遺伝子が反映されやすいですが、親のどちらかが二重だからといってこどもがかならず二重で生まれてくることってのはないですよね。これには理由があります。

そもそも二重に関する遺伝子には3種類ございます。

  1. ①二重の遺伝子を2つ持つ「AA」の二重
  2. ②二重の遺伝子を1つと一重の遺伝子を1つ持つ「Aa」の二重
  3. ③一重の遺伝子を2つ持つ「aa」の一重

この両親のもつ遺伝子の二重の掛け合わせにより子供がひいつぐ遺伝子は変わってくるのです。そのため、親がどんな見た目なのかだけでは判断はつかないということになります。確率的には両親ともにAAの遺伝子の場合は子供は100パーセント二重で生まれてきます。両親が二重であっても、Aaの遺伝子の二重の掛け合わせの場合ですと、生まれてくる子供の二重の確率は25パーセントとなります。これは血液がたの組み合わせと同じしかもですね。

あとは、二重にも平行型や末広がた、外国人の中には3重くらいになってたりありがあったりと種類さまざです。この点も勿論遺伝によるものですが、遺伝子は大変複雑なため、寒さ暑さ、湿気等も遺伝子に影響を与えます。美白的に目がバッチリ大きくくっきり二重が多い人たちは沖縄の人や、フィリピンなどの暖かい国の人が多いかと思われます。一方てロンドンの人たちは窪みのあるハッキリした作りになりますが、目がまん丸に大きいという感じてばないかと思います。どにらかというと目は大きいですか横にばあばがある感じでまるといった感じではないかと思います。恐らくはこれもさむい雪国で身を守るための1つの遺伝子作用によるものかと思われます。

気になる日本人の瞼遺伝子の歴史ですが、ニホンザルはもともと縄文人がおりました。縄文人は顔の堀がふかく西洋よりのこさがあります。そのため、瞼も薄く二重がほとんどです。これは人の起源となった暑い土地アフリカから来た人たちの影響となります。ところが、氷河期がきたことにより人は吹雪や寒さから身を守るために脂肪薄い二重まぶたに脂肪をつけるよう進化し、人になっていったのです。これが弥生人となります。現在ではこの弥生型が浸透しているため多くの日本人は一重や奥二重の方が多いと言われます。割合的には約7割が一重と言われております。ただ近年では外国人との国際結婚が珍しいことではなくなってきております。そして、ハーフ顔の重要が高いため、ますます整形なしで二重の人が増えてくるのではないでしょうか。

そして、遺伝的に二重の遺伝を受け継いで生まれてきたとしても、赤ちゃんの時には一重に見えることもあります。これは、赤ちゃんは脂肪がたくさんあり、また肌も弾力があるためです。そのため目が腫れぼったくなっていてなかなか二重ランが出にくくなってる可能性があります。だからと言ってあかちゃんにアイプチつけさせたり目の周りのマッサージをしたりしてはいけません。赤ちゃんの肌や眼球はとても繊細で敏感なため傷がつきやすいのです。そのため自然にほっておくことが一番ではございますが、体をなるべく動かせて脂肪を徐々に落として行くことはできるかと思われます。