プチ整形で二重まぶたに変身!口コミ・ランキング!

二重まぶた整形の基礎知識

美容整形と整形外科と形成外科

整形外科は、おもに身体の運動機能(骨格系・神経系)が害されているときに治療をする外科です。たとえば、骨や関節・じん帯・筋肉・脊髄などの損傷を治療し、場合によってはリハビリテーションを行って元の機能を取り戻します。

形成外科は、身体の表面の見た目が良くない状態になっているものを改善する外科です。それは生まれながらの問題であったり、病気や怪我が原因で生じた問題であったりします。たとえば、やけどの痕を改善したり、手術後の皮膚の瘢痕・ケロイドの治療などです。合指症、多指症など、生まれながらの手足の異常なども形成外科で治療することになります。

美容整形は、整形外科というより形成外科に近い分野です。形成外科のうち、美容分野のみを扱うものです。美容整形で治療する対象は、異常に限りません。患者が望む美容上の変更を行うのが美容整形になります。

手術の種類

二重まぶたの整形手術の術式は、クリニックごとに独自に名前をつけているため、わかりにくくなっています。
そのため、手術の方法を単純に比較することが難しくてお困りの方も多いと思います。
そこで、二重手術の種類や、方法によるメリットデメリット、手術費用などをわかりやすく解説します。

埋没法

まぶたを切らずに特殊な糸と針を使って二重まぶたを作る方法です。 抜糸する必要がありません。 傷痕もあまり残りません。 手術時間が短く、痛みも少ないのが特徴です。

脱脂法

まぶたの余分な脂肪を取り除いて、すっきりさせる方法です。 2~3mmのマイクロ切開法、3~4mmのミニ切開法、そして30mmの全切開法で脱脂を行う手術です。

切開法

切開法には様々な切開法があり、重たいまぶたの人に勧める方法です。 切開法は、まぶたを切り、抜糸もする必要があるので、二重の奥になるところに傷跡が少し残ります。

スタイル抜群な菜々緒さんの完璧な目の秘密に迫る!

スタイル抜群で、悪女役がハマる女優としても人気のある菜々緒さん。クールビューティーでもあり、女性の憧れといった存在です。しかしながら、彼女は二重の整形をしているということは、ほぼ確実と言えます。

あごがシュッとしていて、目もパッチリ。どこにも非の打ち所がないのですが、彼女の卒業アルバムの写真が出回ってしまったことで、整形が完全にクロであったことが世間に知られることとなってしまいました。

整形前の卒業アルバムの菜々緒さんの目は、奥二重でもなく、完全な一重まぶたです。今現在のパッチリ二重とはほど遠いと言っても過言ではない、目の細さを見ると、何の面影も感じることができません。目力も全くありませんし、美人とはほど遠い感じです。

成長過程において、目の印象が変わる人も少なくはありません。場合によっては、加齢によって二重まぶたになる人もいます。しかし、菜々緒さんの場合は、それでは説明がつかないほどの変貌ぶりなので、整形疑惑から逃れるのは難しいでしょう。

また、菜々緒さんが高校1年生の時に掲載されている雑誌の写真も、有名です。スタイルの良さは、この時も健在しているのですが、やはり顔の印象は違います。完全な一重というよりは、奥二重くらいになっているので、今のような目になる前に、ワンクッション置いているのかもしれません。

更に、彼女がレースクィーン時代に活躍していた時の写真も、インターネット上で確認することができます。何となく菜々緒さんの面影は感じられますが、やはり目の印象が全く違います。この頃は、今のような鋭い目力があるというよりは、ふんわりとした柔らかい女の子らしい雰囲気も感じられます。ただ、どこにでもいそうな可愛い女の子というレベルで、独特の魅力のようなものには欠けています。目の大きさにも明らかな違いが確認できますし、メイクだけで今のような目になるのは、難しいです。

菜々緒さんは、数回に渡って整形を受けていると言われています。二重の整形手術において、最もポピュラーな埋没法で二重の線を形成し、更に目頭を部分切開することによって、大きくてパッチリとした目を作り上げ、今の目を手に入れることができたのでしょう。目頭切開をして目を大きくできたとしても、黒目の大きさは持って生まれたものなので、不自然さがないということは、ディファインのコンタクトレンズを使用しているのかもしれません。

また、元々の目は少し離れている印象もあります。目を大きくする一方で、目が離れたままですと、違和感が残ってしまいます。ですから、それに合わせて恐らく鼻の整形手術も行なっているでしょう。目も鼻も、バランスが取れているので、全てが計算された整形と言えます。一重まぶたの人が二重に整形をすると、二重の幅を不自然に広く取るケースも多いですが、菜々緒さんの場合は、適度な幅に仕上がっています。一重の腫れぼったさも全く残っていませんし、成功した整形の実例と断言できます。劣化も全く見られないので、日々のケアなど、多大なる努力をしているものと思われます。一度整形をすると、何度も受けたくなる人も多いですが、適度に留めていることも、功を奏しています。

しかし、スタイルの良さは整形ではどうにもなりませんし、あれだけのプロポーションをお持ちであれば、何も整形までしなくても、メイクやファッションでどうにでもできたのではないかとさえ思ってしまいます。ただ、菜々緒さんのように自分に似合う整形をよく把握して、きちんと成功していれば、整形も悪いものではないのではないですよね。いかにも整形しましたという顔の人も大勢いますが、菜々緒さんは自信に満ち溢れた素敵な女性です。これからの活躍も、大いに期待できるでしょう。

二重整形手術の経過について

整形以外の二重ワザ

二重にまつわるいろんな話題

手術経験者に聞こう

2週間で完成。ぱっちり二重

大学生の時に二重整形しました。高校生の時に化粧を始めましたが、でも重たい一重なので全然思ったような目元のメイクが出来なくて、結局すっぴんの方がこれだったらマシじゃないだろうか?と思いながらもメイクしていました。特にそのころ北川景子さんのような顔だちが注目を浴びていて、囲み目のネコ目メイクが流行っていたので余計に一重が悪目立ちしていました。

その後大学生になり、つけまつげに出会いました。つけまつげを2重にすることによって重たい目元が重みで二重になりました。それからはつけまつげが手放せなくなり、ひどいときは目じりにも別でつけまつげをつけて、合計3枚ずつ使っていました。泊まりに行ってももちろんすっぴんは人に見せることが出来ませんでした。そして就職活動を目前にし、つけまつげなんてつけて面接に行けないと思い、整形することを決意しました。

湘南美容外科クリニック 心斎橋店でしました。施術名は「スタンダードな二重術 腫れづらいばれづらい二重術- 完全埋没法 2点留め」で値段は90000円ほどでした。1番値段が安いものは怖かったので、真ん中ぐらいの金額のものを選択しました。10万以内に納めたかったので、安く感じました。大学生でもバイト代で払える金額でした。

事前カウンセリングでは、受付の女性の方がわかりやすく説明してくれました。その方も整形してらして、アドバイスしてくださいました。その後診察室に入り、先生になりたい目を伝えると、それによって二重の幅を決定しました。「今でも目自体は大きいし、整形したらもっと目元がはっきりして可愛くなるね」と言ってもらえて、嬉しかったです。そしてその日は帰宅しました。当日は笑気ガスを吸い手術を行いました。緊張してましたが、笑気ガスを吸うとリラックスし、すぐに寝てしまいました。

手術は痛みもほとんどなく、あっという間に終わりました。手術中に1度先生に声をかけられ、目の二重ラインの確認をするため目を開けてほしいと言われ、目をあけて確認して、またすぐ寝てしまいました。手術直後は腫れているのでなりたい目になったのかはわかりませんでしたが、まずは憧れの二重になっていることに感動しました。そして1週間でほぼほぼ腫れも引いて綺麗な二重になりました。毎日鏡を見ながらわくわくしました。2週間も経つと本当に自分の描いていた憧れの二重になり、また感動しました。たった9万円でずっと悩んでいたコンプレックスがなくなり、化粧を濃くしなくても外出出来るようになりました。

私は友達と同時に整形をしました。二人でお互いの目を見て感動しました。大学生になるとオープンではないですが、目の整形ぐらいだと周りはしている子が結構いたので、そこまで抵抗はなかったです。手術後誰かに「整形した?」と言われることもなく、気づかない人がほとんどでした。自分に自信がつき、メイクをそこまで濃くしなくなったことの方が周りの反応が大きく、「メイク前は濃かったけど今の方がいいよ!そんなに濃くする必要なかったよ」とメイクを変えたからよくなったと思われていたようでした。

また目頭切開法ではなく埋没法でしたので、手術してから5年も過ぎると二重幅がすこし浅くなったように感じています。それでも二重にはなっていますし、マスカラをするとくっきり二重になるのでもう1度しようとは考えていませんが、切っているわけではなく、糸を入れてるぐらいのプチ整形だと時間が経つと戻ってしまうというのは本当なんだな、と思いました。糸を5年間も入れていると、おそらく糸がなくなっても、さすがにクセがついて二重を維持出来ているんじゃないかと思っています。

重たい一重がコンプレックスだったので決意の二重整形

私は湘南美容外科でクイックコスメティーク・ダブルという施術を今年の2月に受けました。この施術は、まぶたを糸で2箇所縫い止める埋没法です。

まずは担当医の方の決め方ですが、インターネットの口コミでその先生の評価を見たり、先生の施術の症例写真を全部見たり、その先生の経歴や学会での実績を見たりして決めました。

二重まぶたにしたいと先生に相談したところ、まずはまぶたを切る切開法ではなく、埋没法を勧められました。埋没法は縫い止めるだけなので、失敗があっても抜糸すれば元に戻りやすく、切開法よりもやり直しがし易いためです。切開法は、埋没法で取れてしまうほどまぶたが厚い方や、オーバーなデザインを希望する方(幅広で並行型など)、ダウンタイムを長く取れる方に勧めるそうです。埋没法といっても、湘南美容外科のメニューには色々な種類のものがあり、どれにするか悩んでいましたが、この施術を先生に勧めて頂きました。「クイックコスメティーク」という名前の通り、施術後すぐにお化粧ができる、湘南美容外科でとても人気な施術だという事です。

この施術は15万円ほどでしたが、追加でアフターケア商品などで追加料金が少しかかりました。モニターで施術を受けたので、お安く済ませることができました。湘南美容外科ではよくモニター割引を行っているので、担当してもらいたい先生がモニターを募集している期間に施術を行うのがおすすめです。

カウンセリングでは、金属の細い棒でまぶたに二重ラインを作り、シミュレーションをして頂き、イメージが掴みやすかったです。自分でアイプチを使って二重にした写真をカウンセリングに持って行っても良いと思います。大事なのは、自分の目に合わせた二重を確認することです。憧れる二重の目の写真を持って行っても、それが必ずしもお顔に合うとは限りません。顔全体のバランスを見て、末広型、並行型のどちらが似合うのか、幅は狭いのか広いのかを決めたほうが良いです。また、カラコンやメイク前提で二重のデザインを考えるのも良いと思います。ですので、御自身でまずはアイプチを使い、メイクをしてイメージを掴むのがおすすめです。私の場合は幅の広くない並行型を希望しました。

カウンセリングで二重のシミュレーションをして、納得し、施術に挑みました。担当の先生は、カウンセリングでもとても優しかったです。カウンセリングに時間を割いて、丁寧に行ってくださる方が良いでしょう。また、必ず施術を行わない他の先生や看護師の方ではなく、施術をして頂く先生とカウンセリングしたほうが良いです。自分の理想のイメージを担当の先生にしっかりと伝えるためです。

施術は、吸引する笑気麻酔の後に、まぶたに局所麻酔を打って行われました。笑気麻酔は気分が悪くなってしまいました。この麻酔は吐き気などを催す可能性があります。局所麻酔なので、意識がある状態での施術となります。施術後に、患者に二重の仕上がりを見てもらう為だそうです。施術中は意識があるので、まぶたが縫われている感覚があります。埋没法は痛くないという方も多く、先生にも痛みは少ないと説明を受けましたが、私の場合、施術中痛みを感じました。痛いことを伝えると局所麻酔を追加で打ってもらいましたが、それでも痛く、まぶたに力が入ってしまいました。腫れについてまた後述しますが、施術中、力んでしまうと腫れが強く出るそうです。その為、私は晴れが強く出ました。鼻の施術(小鼻縮小内側法、鼻尖形成)を同時に受けたのも腫れが強く出た要因だと思います。

施術後、二重の確認をしました。目の周りに血が付いていましたし、まぶたが腫れ上がっていたので、仕上がりは正直よく分からなかったです。所要時間は本当に10分くらいであっという間でした。その後に鼻の施術を行いました。

施術後1日目?3日目はパンパンに腫れてむくんでいました。保冷剤で目の周りをよく冷やしたり、枕を高めにして就寝したりして腫れが強く出ないようにしていました。施術後の痛みは、処方された痛み止めを飲めば痛みを感じませんでした。病院から頂いたプラセンタドリンクを飲んだり、自分で亜鉛やプロテインを摂取したりしていました。1週間ほど経過すると青いあざが目の周りにできます。2週間前が経過すると、黄色のあざになりましたが、この黄色いあざが消えたら、完成に向かっているそうです。この頃になると、まだむくみはありますが人前に出られるほどになりました。3週間ほどであざは気にならなくなりますが、まだ目元はむくんでいるような感じがします。二重のラインも希望のデザインよりも広く、とても不自然でした。不安になって病院で相談すると、まだ様子を見て下さいと言われました。それでも失敗したと思って不安になり、糸を取りたい、と思っていましたが…。後になって分かったのですが、2,3ヶ月するとほぼ完成し、二重のラインが安定します。施術後で1ヶ月でもむくみはまだあるので、二重の幅は少し広めです。とにかく焦らず待つことが大事です。特に、私のように複数の施術を行うと、腫れが強く出やすいです。アフターケアをしっかりしながら気長に待つのã埋没法は糸が取れやすいともよく聞きますが、このクイックコスメティーク・ダブル法では、糸が取れた場合はやり直しが無料でできますし、2点で留める取れづらい方法なので、現在でも二重のラインがくっきりしているので取れる心配はあまりありません。

初めて美容整形する方には、埋没法は値段もそこまで高くなく、リスクも少ないので、とてもおすすめです。ですが、すぐに施術を受けるのではなく、情報をしっかり集めて、信頼できる先生を探して施術に挑みましょう。

二重になって自信も付いたし優しくもなれました。

目は一重です。
奥二重でもありません。気を抜くと目はもっと細くなり一体どこにあるか分からなくなってしまいます。
それを誰かにイジられたりしてみじめな思いをした事はありません。
気を使って言わない程、切れている目だったのです。
化粧を覚えてからは毎日の日課はアイプチです。
上手に出来ない中学生の頃はノリがはみ出たりして四苦八苦していました。
高校生になると皆化粧をしました。休み時間等の時間に一緒に化粧をしたりする事が多々ありました。
しかし、私はノリが瞼についているのでその上からアイシャドーを塗ると悲惨な事になります。
ですので、参加はしないで見ている状態でした。アイプチは必ずしていました。
せずに登校する事はあり得ませんでした。

学生の頃にはプールがあります。プールが終われば誰よりも一番早く着替えて前髪で目元を隠しながらトイレに直行していました。
私の素の目を見た事がある人はいませんでした。
高校卒業後は看護学校に入学しました。そこでも毎日アイプチをしていました。
友達の中にはアイプチをし続けたお陰で二重になったと言う話しも聞きました。
私も少しは期待しましたが、そんな風になる兆しすらありませんでした。
彼氏が出来て泊まりの日もありました。それでも朝の状態を気にしてゆっくり寝られる事はありませんした。
看護師になってようやく決意したのは整形です。

看護師として働く事で、形成外科でOPEをする事に抵抗がぐっと低くなりました。
このまま一生コンプレックスに思って生きていくよりも自分の思う様にやろうと思ったのも自己実現の一つだと思う様になったからです。
決めたからには行動は早かったし、気分も大きく楽になりました。
大型の連休を取得してOPEに望みました。

日帰りで出来るものでした。数日間はコンタクトレンズを外して生活しないといけないと言われたので眼鏡で出勤していました。
OPEの後は少し腫れましたが、数日間休みを取っていたので自宅に籠っていました。
運良く私は寮で暮らしていたので、親に何かを言われる事はありませんでした。
一番ビクビクしたのはOPE後の出勤当日です。
先輩とそんなに仲良くもないので出来れば触れて欲しくない部分でした。
アイプチをせずに出掛けるのはこの出勤が初めてでした。
実際には一人の先輩だけが声を掛けてきました。
「あれ?そんな目だったっけ?」これに対しては最近寝不足だったんです。と返答すればそれで会話は終わりました。
その後は誰からも何も言われないまま過ごしました。
正直身構えていて肩空かしを食らった様な気分でした。
同期の看護師にすら何も言われません。あまり他人は自分のコンプレックスを見てはいないのだなと実感しました。
それでも自分自身の満足感は半端無いです。
毎日アイプチをしなくてもいいし、外泊での目も気にしなくても良いです。
大きなストレスから解放された気分です。
鏡を見るのも大好きです。

アイシャドーが綺麗に塗る事が出来るのも幸せです。
ちょっとした買い物位なら化粧をしなくても外出できる自信も付いています。

親には正月帰省の際に報告しました。
特に何も咎められる事はありませんでした。寧ろ、母親には私もやろうかな~と言われた位です。
その当時は彼氏もいなかったので問題ありませんでした。
その後出来た彼氏には隠していましたが、結婚を意識した彼氏には伝えました。
同じ医療従事者と言う事もあり、あまり深く捉えず言ってくれて有難うと言って貰えました。
その人と結婚し子どもを授かりました。
今はまだ一重ですが、くりくりの大きなアーモンドみたいな目をしています。
これからこの子が自分の顔をどの様に感じるかは分かりませんが、いつか私みたいに行動した時には咎める事も無くその行動を大事にしてあげたいと思っています。
一つのOPEですが、そのお陰で私は人に対して少し優しくなれた様に思います。
自信がついたのは言うまでもありませんが。