二重テープで理想の二重まぶたになれる

私はもともと奥二重で、ぱっちりとしたクリクリの目にあこがれていました。最近では手軽にプチ整形などができるなどといろんなところで目にするようになりました。実際私の友達にも二重まぶたにする手術をうけた子が何人かいます。もともとがっつり一重まぶたでしたので、幅の広い二重まぶたになり、化粧の時間もかなり短縮できるようになったと喜んでいました。

ですが、そんな簡単に出せる金額ではないのと、実際どのような処置を受けるかなどの話を聞いてしまうとなかなか手術をしようとは思えませんでした。見た目はかなり変わり、本人も周りからの見る目が明らかに変わっていました。ですがもともとの顔を知っている人からするとやはり、あまりいいようにはいわれていなかったように思います。

今では結構みなさんが手軽に整形をしていますが、やはり偏見はまだかなりあるみたいです。ただ単なるできない人の僻みだとはおもいますが。実際私もしたいとは思ったりも何回もしましたが、いざしてみようとまではいかなかったんです。

目にはりが刺さる、まぶたを切る、まぶたに糸が通る、想像しただけで無理でした。なので私は化粧であの幅の広い二重にどうにかならないかといろいろ試してきました。

まずやってみたのは、アイプチだけを使い二重にしてみました。アイプチだけではまぶたがくっついてしまい、下を向いたときにものすごく不細工になってしまいます。そしてそこまで幅の広い二重まぶたにはなりませんでした。

そこで見つけたのが二重テープでした。これを自分の好きな幅にしたいところにはり目を開けるとぱっちり幅の広い二重まぶたに変身することができました。アイプチの時のくっつき感が減り、下を向いてもそこまで気にならなくなりました。

当初使っていたのがABファイバーというものでした。化粧を全部してから最後に自分の好きな幅に合わせて二重まぶたにします。たまに欲張ってかなり幅をとると、しばらくたつとまぶたの重みで落ちてきます。すると元の奥二重にもどってしまいました。寝すぎてまぶたが腫れているときや、泣きすぎてまぶたが腫れてしまっているときは思うように二重まぶたにできません。そうゆうときはテープを二回使います。すると一回のテープよりしっかりした二重まぶたにできるようになります。

しばらくはこちらのテープを使っていたのですが思うように二重まぶたにできなくなってしまったときがありあらたなテープを探しました。がっつり二重まぶたにしたかったので今度は幅の広いテープを買いました。二重の幅は一番取れるようにはなったのですが、下を向くと明らかにテープを貼っていますとわかるようなものになります。なのでこちらはすぐにやめました。

ですが何年も二重テープを使っていたおかげで奥二重からもう一本の二重の線ができ、少し幅ができるようになったのです。それでもすっぴんのときには十分なのですが、化粧をしたときには物足りなかったのでまた新たな二重テープを探し求め、やっと運命の出会いがありました。それはダイソーに売られている絆創膏の二重テープになります。これを使いだしてまぶたの重みで落ちてきたことがありません。しっかり食い込んで落ちてきません。そしてなんといってもお値段です。

100円で何回も使えるのでお財布的にも優しいです。今ではダイソーの二重テープ一本で自分の理想の二重を手に入れることができています。整形などせずとも、化粧で人はどんな二重まぶたに変身できます。そして繰り返すことによって少し幅も広くなったりもします。ですのできれいな二重まぶたを手に入れたければダイソーの絆創膏テープをおすすめします。

皆さんが理想の二重を手に入れれますように。